maui de knit

2017 / 03
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫10

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

Connections in Our Lives

2015/07/02(Thu) 23:30

DSCN6842.jpg


ゆうべ、仕事から帰って来た時には、暗くて気が付かなかったのですが、
今朝、庭のテーブルの上にコップがふたつ載っているのが目に付き、
夫に尋ねると、こんな話をしてくれました。

昨日、夫が、アップカントリーのクラから坂を下って帰って来る途中で、
20歳の男の子と13歳の女の子の兄妹の横を通り過ぎたのですが、
バックミラーの中で、ふたりが弱々しく手を振っているのに気が付いて、
引き返し、車に乗せたのだそうです。
この炎天下、ふたりは熱射病寸前。
クラの父親のファームを手伝って、キヘイに戻るところだったとか。
しかも、そのキヘイの家というのは、偶然にも我が家の斜め前の家だったのです。

そこに住む女性のことは、以前から知っていたのですが、再婚したことは知らず、
その相手の男性が、この兄妹の父親だったのです。
この兄妹は、メインランドで母親に育てられたのですが、
男の子の方は、持っていたビジネスを売り、
10年以上も会っていなかった、実の父親の仕事を手伝う為、妹と一緒にマウイにやって来たのだそうです。
ところが、実際に父親と再会し、3日一緒に過ごしてみて、
父親が酒豪の上、程度はわかりませんが、押しやられたり、突かれたりしたようなのです。
私達が知っている女性も、この子供達のことを快くは受け入れていないとのこと。
こんな炎天下を歩かなければならなくなった背景には、
そんな父親との関係があったようです。

男の子は、妹と歩いている時、本当につらくて、
誰かが自分達を車に乗せてくれるように、神に祈っていたのだとか。
夫の車で、キヘイまで戻って来たものの、家にはそのまま帰りたくないと言うので、
夫は、近くのビーチでふたりを降ろしたのだそうです。
父親と一緒に、新たな生活をスタートさせようとしたものの、
3日後の昨日の夜、兄妹はメインランドに戻ることにして、航空券も既に用意していました。
そして夜、男の子の方が、夫に再度お礼を言いに、訪ねて来てくれたので、
しばらくふたりで話をしたそうです。
それが、このふたつのコップの理由でした。
15分ほど話をし、夫は何かの役に立つだろうと、一冊の本を渡したそうです。
結局最後は、妹が塀越しに、
父親が今すぐ戻って来いって言っていると言いに来たので、
彼は家の方に戻って行ったのですが。

どの位、父親のことを覚えていたのかはわかりませんが、
成長しながら、常に父親のことは心の中にあっただろうと思うし、
自分のビジネスを売り、妹を連れて、父親と一緒に過ごそうと決心した心の中には、
父親を慕う気持ちが大きかったと思います。
結局、期待は裏切られ、後悔の気持ちで一杯になったことでしょう。
私は、夫の話を聞きながら想像しているに過ぎませんが、本当に胸が痛くなりました。
マウイを発つ前に、夫に再度会いに来てくれたことが、
彼の、誰かと繋がっていたい気持ちを十分物語っている気がします。
これからも、心のどこかに少しでもいいから、希望は抱き続けていてほしいと思います。
しばらくして落ち着いたら、また、夫に連絡してきてくれるかもしれません。
人生には沢山の出逢いがありますが、この子にとっても夫にとっても、
会うべくして会ったような、そんな気がしてなりません。




スポンサーサイト
Family, Life コメント:2 トラックバック:0

Time goes by so fast !

2015/06/26(Fri) 16:00
DSCN6067.jpg

気が付けば、いつの間にか、
ダーーーッと今年の半分が過ぎ去って行こうとしていますね。
お久し振りです。
ブログ、ずっとお休みしていましたが、
また少しずつアップして行きますので、どうぞよろしくお願いします。<(_ _)>



Family, Life コメント:0 トラックバック:0

Happy New Year 2015 ♪

2015/01/01(Thu) 20:45
DSCN4430 - Copy

昨年もまた、いろいろな方々に見守って頂き、良い一年を過ごすことが出来ました。
ありがとうございました。
2015年も皆様にとって、穏やかで明るい一年でありますように。

Thank you all so much for watching me both openly and secretly last year !
I had another great year.
I hope the year of 2015 will be bright and peaceful for each of you.


DSCN4787 - Copy



Family, Life コメント:0 トラックバック:0

My Treasure

2014/11/10(Mon) 15:00

DSCN4013.jpg

誕生日に受け取るのを、いつも楽しみにしているものがあります。
それは、娘からの手作りのカードです。
今年は、綺麗なバラの花束の絵が描かれたカードでした。
I have one thing that I always look forward to receiving on my birthday is
my daughter's handmade birthday card since she was little.
This year she gave me the card that has a picture of beautiful roses.




DSCN4015.jpg

カードを開くと同時に、中にある花も綺麗に咲きます。
娘が書いてくれた言葉に微笑んだり、涙ぐんだり・・・
この私のリアクションは、毎年同じです(笑)。
このカードも、私の宝物のひとつになりました。
When you opens this card, another flower opens!
And her words that she wrote also makes me smile and tears well up in my eyes.
This became my another favorite one in my treasure box.







もうすぐ日付が替わる時間に、夫が急に
「お母さんに電話したの?君のこと産んでくれたお母さんでしょ」
と言い出しまして、ごもっとも、と思い、電話しました。
「お誕生日、おめでとう。」と母。
「○歳になったのよね?」
「・・・・・・・」
母は、私の歳を一年多く思っていたのでした!

あの〜、どうせ間違うなら、一歳若く言ってほしかったなぁ・・・。
My husband said that I'd better to call my mom on my birthday, because she gave a birth to me.
I agreed him, and called her.
She said, "happy birthday! You turned ○years old, right?"
"................."
She added 1 more year to my real age!!
Mom!!!




Family, Life コメント:0 トラックバック:0

Mutation ???

2014/11/01(Sat) 15:00

DSCN3815.jpg

夫がメロンだよって言ったから、
それをずっと信じてた。
My husband told me that this was a baby cantaloupe,
and I had no doubt.




20141101_130202.jpg

切ってみたら・・・

スイカじゃないのぉ〜???
種まであるし・・・。

We cut it today...
This is a watermelon !




Family, Life コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

リンク

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ravelry

img6df4f551zikdzj.png

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

amgreen

Author:amgreen
   (編むグリーン)
マウイ在住暦 24年
編み物暦 9年ほど
家族は
マウイのアイアンシェフ
(料理の鉄人)と自称する
アメリカ人の夫
22歳の娘(ロスアンジェルス在住)
10歳のオス犬エース(ボーダーコリー)
11際の兄弟猫ティガー&タイガー
大好きな編み物のことや
マウイのことなどを
写真と一緒に更新しています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。