maui de knit

2017 / 03
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫10

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

Assignment - Pullover

2015/07/02(Thu) 10:00
去年編み終える予定だった(多分?)、
かぎ針編み講師認定養成講座の課題のプルオーバーを、5月にやっと編み終えました。

DSCN6176.jpg

Pattern : Basic Pullover by Nihon Vogue (日本ヴォーグ社)
Yarn:Knit Picks Comfy Fingering Weight
Hook:JP#2/0(2.0mm)
Date:October 31, 2014 - May 09, 2015
Ravelry Note





かぎ針編みで、袖のあるものを編んだのは、これが初めてでした。
いや〜、長かった。
しかも、途中でだいぶ横道にそれて、目の端にはこの編み掛けが映っていたんだけど、
なかなか戻って来なかったし・笑

DSCN6177.jpg



この模様ですが、集合で見るとそうでもないけど・・・

DSCN4497 - Copy



近寄って見ると、
カエルの顔に見えるのは、私だけかな~?

DSCN4016 - Copy



カエルが並んでる~

DSCN4017.jpg



スポンサーサイト
Assignment コメント:0 トラックバック:0

Assignment - Flared Skirt 2

2014/10/25(Sat) 15:00

棒針編み講師認定養成講座の最終課題、分散増減法を使ったフレアスカート、
完成しました!
I finished my last assignment of Vogue Knitting Correspondence Course.
It was a Flared Skirt.

DSCN3957.jpg
Pattern : Flared Skirt by Nihon Vogue (日本ヴォーグ社)
Yarn:Knit Picks Simply Cotton Worsted
Needle:US#8(5.0mm), 7(4.5mm), #6(4.0mm)
Date:August 22 - October 24, 2014

Ravelry Note




DSCN3951.jpg

ベルト部分は、スカートの最終段から拾い目をして行きます。
テキストには書いてありませんが、
先生に、メリヤス編みの中間に1段裏メリヤスを編むと折り返し易いと教えて頂きました。
How to start the belt part is picking up stitches from the last raw of the skirt.
My teacher advised me to knit 1raw of purl stitches on the middle of the belt.
It would be easier for bending it later.




DSCN3952.jpg

ゴムベルトをくるんでかがる時に、捨て編みが目安になるので、とてもかがり易く、
な〜るほどっと妙に納得(笑)。
When I wrapped a elastic and sewed it,
I realized why the waste yarn bind off was necessary.


糸を選ぶ時に、スカートだから少ししっかりしたものがいいかなと、コットンにしたのですが、
ちょっと重かったようです。
完成したスカートは、スカート自身の重さで下に引っ張られ、丈が長くなってしまいました。
次の課題です。
I thought the cotton yarn was good for the skirt, but this yarn was little heavy.
The finished skirt got longer than I planed, because its weight pulls the skirt down.
I will be more careful to choose yarn next time.




Assignment コメント:0 トラックバック:0

High-Necked Pullover 2 - Finished

2014/05/26(Mon) 18:00

棒針編み講師認定養成講座の課題、ハイネック・プルオーバー、
やっと完成しました!

DSCN2578.jpg

パターン : High-necked Pullover by Nihon Vogue (日本ヴォーグ社)
糸 :Knit Picks Swish Worsted
針 :US#7(4.5mm), #4(3.5mm)
期間:February 04 - May 25, 2014
ラベリーのノート




特に難しいところは無かったのですが、(なのに、何で時間が掛かる?)
旧カリキュラムのスタンダードで編んだ、セットインスリーブの復習も兼ねて、
ひとつひとつ細かいところにも少しこだわって、丁寧に編みました。
(私なりにですけど・笑)

DSCN2579.jpg

今日はメモリアル・デイの祝日なので、明日、発送します。



Assignment コメント:0 トラックバック:0

High-Necked Pullover 1

2014/05/03(Sat) 11:30

編み物の話題から、すっかり遠ざかっていましたが、
スローペースで編んでます(汗)。



棒針編み講師認定養成講座の課題、ハイネック・プルオーバーです。
前後身頃と袖が編めたところ。

DSCN2288.jpg



新カリキュラムのテキストには、
実物大製図にピン打ちして、スチームアイロンをかける方法が、
写真付きで細かく説明されています。
製図通りに半身分まち針を刺した後、
編み地を中表に半分に折ってまち針を刺し直して、スチームアイロンをかけ、
編み地を広げた後で、裏側から折り山にスチームをかけ直す・・・

旧カリキュラムで、アドバンスの初めまで編んで来たのに、
この方法、初めてでした。
殆どが、4分の1縮図で製図していたこともありますが、
実物大製図にピン打ちしても、編み地を半分に折らずに、
メジャーを使って、残りの半身分を対称になるようにしていました。

DSCN2281.jpg

新カリキュラムは、旧カリキュラムに比べて、
ぐっと易しい内容になってはいますが、
以前の通信講座では、いちいち確認していると先に進めないからと、
質問をしようとも思わなかった、細かい基本的なことや、
目から鱗のような発見があって、基礎の地固めが出来る気がしています。



糸は Knit Picks の Swish Worsted、メリノウールの糸です。

DSCN0597.jpg

さて、裾と袖口のゴム編み、はぎ、とじ、袖つけ、衿を編めば完成。
ちょっと、ラスト・スパートかけなくちゃです(汗・汗)。




先日、オアフに居る娘から、珍しくカードが届きました。
母の日のカードだと、すぐわかりましたが、裏側を見て (≧▽≦)

DSCN2264.jpg

5月11日までは開封しないようにと書いてありました。
その日から、10日以上我慢です(笑)。

・・・と最初は笑っていたのですが、娘がカードを早目に送って来てくれたことで、
私の母にプレゼントを送るのを思い出し、
マウイからだと1週間ほどかかりますから、慌てて発送しました。
娘に感謝です。

娘からのカードは今、私の机の上にあり、
母の日に開けられるのを待っております。(^_-)---☆



Assignment コメント:0 トラックバック:0

Schooling

2013/11/08(Fri) 11:10
DSCN0361 - Copy



ヴォーグの通信講座では、講師認定講座の最初の課題を提出した後に、
実際に先生から指導して頂く、スクーリングを受けなければならないことになっています。
これは、海外在住者でも例外ではありません。
そこで、里帰りの際に、かぎ針編み、棒針編みの両方のスクーリングを受けることにしました。

実家の近くに編み物教室があるのかどうかもわからないので、ヴォーグさんに相談し、
かぎ針編みの入門コースでずっと添削をしてくださっている先生に、見て頂くことになりました。

日にちを決めていたのですが、あいにく台風が東京を通過する日に当たってしまい、
電車やバスが止まってしまう恐れもあるからと、大事を取って、先生の方から日にちを変更してくださいました。

本当に小さい時に、祖母から鎖編みを習ったり、
小学校の家庭科でベビーソックスと基本の編み地を編んで以来、先生の目の前で習ったことはなく、
5年前に編み物熱に掛かってからは(笑)、ずっと独学と通信講座で編んできました。
だから、このスクーリング、すっごく楽しみだったんです。

かぎと棒、両方だったので、朝10時から夕方4時まで、しっかり学びました(笑)。
次のステップに進むために終えておかなければならないことだけではなく、
今まで疑問に思いながら、言葉で説明するのが難しかった疑問点なども全部伺ったのですが、
そのひとつひとつに答えを頂き、今までモヤモヤしていた部分も、霧が晴れたように納得出来ました。
その他にも、編み方の裏技(笑)なども教えて頂き、先生が歩いて来られた軌跡を垣間見るお話も伺えて、
本当に充実した楽しいひとときを過ごさせて頂きました。

先生がおっしゃられたことで、とても印象に残ったのですが、
やっぱり通信講座ではダメだと言われることが、とてもつらい、
通信講座だからこそ、良かったということを増やして行きたいとおっしゃっていました。

とても残念なことですが、あまりいいスクーリングを受けられなかったという話も耳にします。
人間ですから、先生と生徒の相性もあると思いますが、
先生という、人に教える立場にある方は、しかもヴォーグさんから依頼されているのですから、
通信講座の過程で一回だけのスクーリングであっても、一期一会の心のように、
生徒にとって有意義な時間になるように努めてくださるといいのにと思います。


私は、とても素敵な先生に見て頂くことが出来て、本当に感謝しています。


こちらは、先生が手掛けられた本です。

DSCN0548 - Copy



そうそう、あとひとつ。
先生は、添削のために作品が送られてきた時、袋を開けた瞬間に、どんな作品なのかおわかりになるそうです。
間違っている箇所も、ひと目でわかるとおっしゃっていました(汗)。

はい、精進致します。 <(_ _)> ペコッ



Assignment コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

リンク

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ravelry

img6df4f551zikdzj.png

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

amgreen

Author:amgreen
   (編むグリーン)
マウイ在住暦 24年
編み物暦 9年ほど
家族は
マウイのアイアンシェフ
(料理の鉄人)と自称する
アメリカ人の夫
22歳の娘(ロスアンジェルス在住)
10歳のオス犬エース(ボーダーコリー)
11際の兄弟猫ティガー&タイガー
大好きな編み物のことや
マウイのことなどを
写真と一緒に更新しています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。