maui de knit

2011 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

Funny Stuff !!

2011/08/21(Sun) 20:35
前回の記事をアップしてから、ブログのトップに生臭い写真があるのも何なので、
新しい記事をアップして、サカナの写真は下げます。



では、今日ドライブ中に見つけた「面白いもの」達です。

P8211113_copy.jpg P8211115_copy.jpg


整地をしたり、建築工事などの際の、ダストよけです。
少し風が通るようにしないと、ヨットのセールのようになって倒れやすくなり危ないので、
ところどころに穴を開けてあるのですが、
ここのダストよけは、ちょっとしたアート?になってました(笑)。
ユーモアがありますね。





これは、ちょっとやり過ぎの感有りですけど、笑えます。

P8211117_copy.jpg


サイン、右から、
「ここにあるレイは、郵便を盗もうとして撃たれた見知らぬ者へ」
「ファーストクラス」手紙、はがきなどの第一種郵便・・・郵便受けの家の形に注目してください。
「セカンドクラス」定期刊行物などの第二種郵便・・・郵便受けが開いていて入れ易くなってます。
「スペシャル・デリバリー」速達・・・何故か、高い位置にあります。家の形もちょっとハイクラス?
「カタログ」・・・カタログ用に細長いですね。
「エア・メール」・・・上の方に飛行機、見えますか?
「ジャンクメール」・・・くだらない、いらない郵便だから、下にゴミ箱が置いてあります。
「伝書バト」その下は「小包郵便」・・・上の方にあるのは、巣箱?
「ポニー・エクスプレス」・・・これは、マウイにある乗馬施設です。エクスプレスに引っ掛けたジョークでしょうね。馬をつなぐ金具が付いてます。
「デッド・レターズ」配達不能の郵便物・・・郵便物のお墓 !





そして、この方。

P8211132_copy.jpg


見てください、この立派な角。
年齢を重ねてちょっと渋みが加わった、堂々たる横顔。





丁度、お食事中だったんですが、私がそばに寄ってカメラを向けると、
トコトコと、突き出た岩のところまで行って、ポーズを取ってくれるではありませんか。
首を上げ、胸を張って、堂々たるものです。
私も、嬉しくなって、ズームアップ !










P8211135_copy.jpg


「・・・・・・・・・・・・・」

あら~、何かちょっとお約束と違うんでな~い?










スポンサーサイト
Maui コメント:2 トラックバック:0

Today's Catch !

2011/08/18(Thu) 20:40
ティラピア、21尾。
名前を聞いたとき、一瞬「ピラニア」かと思って、思いっ切り後ろに飛び退きましたが・・・(爆)。

P8181111_copy.jpg

夫の友人宅の敷地内に池があり、夫が釣ってきました。
友人は、チャイニーズ・ゴールデン・サンフィッシュと言っていたそうですが、
でもサンフィッシュって、マンボウのことも言うのだそうですよ???
これは、どう見たってマンボウじゃないよ。


名前は、ピラニアに似ていても、マンボウでも、何でもいいんですが(良くないけど)、
早速、夫が鱗をかすり取って、私がハラワタを取り、

P8181112_copy.jpg


パンフライにして、

P81811101_copy.jpg


タラ~ンッ!

P81811111_copy.jpg P8181113_copy.jpg



そして、こんな風にも。

P81811141_copy.jpg



美味っ!
最近、魚介類と野菜が高くなって、なかなか食卓に上らないので、デカシタ、父ちゃんっ!!!

はい、お父ちゃんと、その友人と、このピラニアじゃなかった、ティラピアに感謝して頂きました(幸~♪)。





で、お土産は続く・・・

P8181119_copy.jpg

見事な、アボカド、10個。
アボカドの用途は沢山あるので、嬉しいですね。
クリーミーで、美味しそう。楽しみです。








そして、今回は友人に持ってけ、持ってけと言われて、断れなかったと言ってますが・・・






















P8181116_copy.jpg

アハハハ、アハハ、アハ、ハ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(汗)。
またですか?











Food コメント:0 トラックバック:0

Moya Cowl for Japan

2011/08/16(Tue) 21:40
ラベリー・グループ「KAL ひろば」、
今回参加の KAL のお題は、「Scarves for Japan 手作りマフラーを、東北に KAL」です。

きっかけは、いつもいろいろお世話になっている、まさんに、
愛知県南山大学の学生さん達が中心になって立ち上げたプロジェクト、
Handmade Scarves for Japan 手作りマフラーを、東北に。の活動を紹介され、
このグループの主旨に共感して、私も少し手伝えたらと思っていた矢先、
ラベリー内で、Nekofuku さんが、希望者皆で一緒に編みませんかと提案してくださったのです。

そこで、まずは Moya Cowl を編んでみました。



P8161110_copy.jpg




Design : Moya Cowl by Agness Kaku & Kirsten Kapur (Thank you for sharing this pattern !)
Yarn : Knit Picks Swish Worsted (100% merino wool) col#24300 Bok Choy 50g/110yds x 2 skeins
Needles : US #9 (5.5mm) 16" circular needles 
Size : 95.5g 16cm W x 50cm R 
Date : August 15 - 16, 2011
Note : Worsted の糸を2本取りで編んだ。





P8161128_copy.jpg P8161121_copy.jpg




ピコットのある側を上にしたり、下にしたり、気分によって変えられますね。
Kirsten Kapur さんのパズル・スカーフ(マフラー)を、
Agness Kaku さんがネック・ウォーマーにデザインしたものです。
編みながら、パズルというか、レンガを積み上げながら塀を築いている感じを思い描きました。

輪で編んでいる時は、もしかしたら小さいかと心配だったのですが、ところどころに入るリブ編みと、
Elizabeth Zimmerman's sewn bind off‏ が、伸縮作用を生み出してくれて、事なきを得ました。

毛糸は、Bulky 使用のパターンなのですが、この太さに合う糸が無かったので、
Worsted を2本取りで編みました。
やはり、メリノ、モチモチしていてあったかいです。
(着用の写真は、黒のセーターを着て、この cowl をつけてから、汗だくになる前に、マッハのスピードで撮りました。)



P8161115_copy.jpg



平置きにするとこんな感じ。
これなら、バッグにポンと入れられて便利なサイズです。





~余談~
ウッヒャーッ、やっちゃったっ!
このブログ記事をタイプしている間は、いつも「下書き」状態にしておくのですが、
今日はすっかりそれを忘れて、途中で席を立ち、数時間、中途半端な記事が「公開」されちゃってました。
その間に、いらして下さった方、失礼しました。






そして、今日の出来事・・・猫達(タイガー&ティガー)の災難

今朝は早くから、何だか外がやけに騒々しいのです。
声の主は、マイナーバード。とにかく、ギャーギャーうるさくて、なかなか鳴き止みません。
ま、鳥同士で喧嘩でもしてるのだろうと、それほど気にせずに、いつものように猫達を外へ出しました。
呑気な方のタイガーが、「何だろー」とノソノソ庭の中央に出て行ったその時、
上空から、マイナーバードがタイガー目がけて襲ってきたのです。
それも、一羽ではなく、ヒュンッ、ヒュンッと数回!
突つかれたりはしませんでしたけれど、目撃した私もビックリ!
急いで、木の枝をつかんで振り回し(誰も見てなくて良かった・・・多分・・・汗)追い払いましたが、
まだ、近くの木に止まってギャーギャー言ってます。
根が呑気なので、襲われた本人は、ドアの近くまで戻って来て横になり、その後は静観しておりました。

で、もう一匹の方、ティガーですが、庭に出た瞬間に殺気を感じたらしく、
すぐに横にある茂みに飛び込み、難を逃れました。
このティガーの方が外が大好きで、いつもは日向ぼっこをしたり、ゲッコーを追い掛けたり、
あちこち探検して遊びまわっているのですが、今日はずーっと一日、縁の下に隠れて過ごしていました。
よっぽど、怖かったみたいです。
そうだよね、兄弟が襲われているというのに、助けにも行かず、加勢もせず、逃げたんだから~。

では、何故急にマイナーバードが襲ってきたのでしょうか。

心当たりがあると言えば、
昨日、夫と彼の友人が、庭の角にあるプルメリアの木の枝を切ってくれたのです。
その木自体も、他の木の為にも、枝をトリムした方が良かったし、その一角はすっきりしました。
プルメリアの木に巣などは無かったようですが、
きっと、マイナーバード達にとっては、憩いの場だったのかもしれません。

人間がやったことなのに、猫達が八つ当たりをされたようです。
ごめんね~。







Knitting コメント:0 トラックバック:0

Dandoh Scarf #1 & #2

2011/08/10(Wed) 13:30
Yumiko Alexander さんデザインの、Dandoh Scarf 編みました。



P8081037_copy_convert_20110809122403.jpg P8081039_copy_convert_20110809122909.jpg




Design : Dandoh Scarf ~ Knitted Hug for Japan by Yumiko Alexander
............. Charity Pattern / Yumikoさん、暖かなデザインありがとうございます v(^-^)v
Yarn : Knit Picks Wool of the Andes Tonal Worsted Weight (100% peruvian highland wool)
..........col(#25420 Summer Blooms Tonal / #25418 Blue Yonder Tonal)
..........100g / 220 yds (201m) x 0.5 skein each
Needles : US #9(5.5mm) 
Size : 44.5g 13cmW x 64cmL 
Date : August 3 - 8, 2011
 




以前、このブログでもご紹介しましたが、このネックウォーマーは、
アリゾナにお住まいのニットデザイナー、Yumiko Alexander さんが、
被災地の方々のためのチャリティーにと、デザインされたパターンです。
Yumiko さんのブログ、あるいはラベリーからパターンをダウンロードし、
世界中の人々が日本を想いながら編んでくれています。
既に、相当な数のネックウォーマーが、Yumiko さんのもとに集まったそうです。

実は私は、マフラーのような長いものを編むのがちょっと苦手なのです。
カーディガンで、前立て部分を別に編むのも、夫のカーディガンを編んだ時に経験し、
あれもしんどかった。
メリヤス砂漠は、割りと大丈夫なのに、何でだろう?

Yumiko さんのこのネックウォーマーは、そんな私にピッタリでした。
何せ、横の長い部分を200目キャストオンし、幅に当たる部分を編んで行くのですから、
あっという間に出来ちゃいます。
しかも、途中で編み地がフリフリになってくるのも、何だか可愛くて、
難しい技法は無いのに、全く飽きずに編むことが出来ました。
私は、ちょこちょこ時間の合い間に編んでいたので、日にちが掛かっていますが、
数時間で編むことが出来ると思います。
被災地へ送るためのデザインですから、凝っていたら、好き嫌いが出るでしょうし、
あまりにもシンプル過ぎるとつまらなくて、沢山編んではもらえないかもしれないし。
編む人の気持ちを考慮した、本当に良く考えられたデザインです。



近日中に、Yumiko さん宛に送ります。
どんな方の手元に届くのか、想いを馳せながら、
まだまだ、ご不自由な生活の中、少しでも暖かい冬を過ごして頂けたらと、
心から祈ってやみません。



P8081042_copy.jpg











Knitting コメント:0 トラックバック:0
 Home 

リンク

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ravelry

img6df4f551zikdzj.png

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

amgreen

Author:amgreen
   (編むグリーン)
マウイ在住暦 24年
編み物暦 9年ほど
家族は
マウイのアイアンシェフ
(料理の鉄人)と自称する
アメリカ人の夫
22歳の娘(ロスアンジェルス在住)
10歳のオス犬エース(ボーダーコリー)
11際の兄弟猫ティガー&タイガー
大好きな編み物のことや
マウイのことなどを
写真と一緒に更新しています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。